Thought Field Therapy® HRV(心拍変動) Optimal Health

医療支援プログラム

Med_s_3医師や心理士の治療だけでなく、看護師、精神保健福祉士、社会福祉士、作業療法士、理学療法士、介護福祉士などのコメディカルスタッフが活用することで、あらゆる治療やサポートの効果を高めます。

心理的問題を体からアプローチしたり、身体的な問題を心理面からアプローチすることで、心身をトータルにサポートでき、回復のエネルギーを高めます。整体、代替医療、リハビリ、スポーツ分野で応用できます。

精神療法・心理療法

「うつ」「パニック」「トラウマ」「強迫」「不安」「物質依存」など、心理や身体に現れる症状を軽減し、治療やカウンセリングの効果を高めます。

認知行動療法や暴露療法、EMDR、ブレインスポッティング、自我状態療法、ブリーフセラピー、ナラティブセラピー、家族療法、依存症家族の支援法CRAFTなど、各種療法との組み合わせもしやすいため、それぞれのアプローチの良い部分をさらに引き出します。

集団療法でも行えるため、災害支援においても、不安や恐怖、トラウマ、身体症状などに早い段階で介入でき、薬物の代替としても活用できます。

自立支援・自律トレーニング

治療からトレーニングへ、そして社会復帰へのステップのツールとして活用できます。医療機関では、集団療法や作業療法、SST(社会スキルトレーニング)、リハビリ、デイケアの中で活用できます。

自立も自律も対処するのは本人です。自己コントロールの便利なツールとして本人に学習してもらい、治療や薬物への依存を減らしながら、セルフケア力を高めて訓練の効果をより高めます。

心理的な不安や依存的衝動の手順もあるため、違法薬物、危険ドラッグ、摂食障害などの治療プログラムでも活用できます。

「TFTセルフ」でセルフケアを学びながら、専門家の治療を加えることで、相乗効果が増します。

医療・身体・スポーツ

タッピングが心身に働きかけるところから、医学的な問題にも応用されています。
物質依存の衝動コントロール、マラリアやがんの補助療法として、症状や痛み、ストレスの軽減に用いられています。薬の副作用軽減にも活用することで、治療の良い力だけを引き出します。

治療や手術への不安を軽減することで、医療スタッフのストレスを軽減します。また、患者のご家族へのケアの中でも活用できます。

リハビリ、理学療法、ブレインジム、キネシオロジー、鍼灸、マッサージ、カイロプラティック、オステオパシー、整体、ヨガなどの代替医療とも組み合わせて使うことで、身体からのアプローチの効果を早めます。

医療向けの自立・自律支援や職員メンタルケアのプログラムは職場に合わせてご提案いたします。詳細はお問い合わせください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

OHオンライン用

PAGETOP