• Thought Field Therapy / Heart Rate Variability / Optimal Health

TFTとは、Thought Field Therapy®️(思考場療法®️)のことで、米国心理学のパイオニアの一人であったロジャー・キャラハン博士が1970年代の終わりに発見し、発展させてきた心理療法で、鍼のツボをシンプルにタッピングすることで心理的問題の症状を改善させていくものです。

私たちが特定のことについて考えた時には、その「思考場」にアクセスしており、そこにストレスや不安などを起こす原因があれば不快感を引き起こします。
TFTは、タッピングで思考場に信号を送り、脳の過覚醒を鎮めることで心理的問題を改善します。

TFTはエビデンスのある治療法として米国政府のエビデンス登録機関(SAMHSA)に登録されており、特に以下の点で効果があることが認められました。

  • ・ 個人のレジリエンス・自己概念

  • ・ 自律

  • ・ トラウマ・ストレス関連の障害と症状

  • ・ 抑うつとうつ症状

  • ・ 一般的な機能と健康

  • ・ 恐怖症、パニック、全般性不安障害とその症状

  • ・ 特定不能およびその他のメンタルヘルスの障害と症状

手順が簡単な上に、効果が高く、即効性があり(早くて数分)、副作用がなく、セルフケアに使えるというユニークな特長があります。その上、赤ちゃんからお年寄りの方、動物まで行えます。海外でも日本でも医師、看護師、心理士、鍼灸師、教員を初め広い範囲の専門家の方々が臨床に取り入れています。

特徴1

レジリエンスが高まる

身体、感情、精神、価値観の4つの領域のレジリエンス(回復力)を高めて、不安やストレスに強くなります。

パフォーマンスアップ

生活全体の柔軟性を高めながら、課題を明確化し、パフォーマンスアップを目指します。

誰でもできる

言語に頼らないツボのタッピングなので、年齢、性別、文化、母国語に関わりなく誰でもできます。

心身の広い症状に有効

臨床心理学、東洋医学、整体学、量子学、生物学などが統合されたTFTは心身の広い範囲に適用できます。

シンプル、速い、安全

1〜2分のシンプルな手順で、効果が速く、副作用がない安全な心理療法です。

エビデンス

レジリエンス回復やトラウマ、うつ、不安など研究でストレスケアの効果が正式に認められた治療法。

言葉にしなくてもよい

気持ちや症状を言葉にできなくても、語らなくても行えるため、子どもや動物に適用できます。

セルフでできる

自分でいつでもどこでも、道具も必要なくできるため、便利なセルフケア法です。
不安や災害時のタッピング手順
  • チューニングする

    問題をひとつ思い浮かべます。

  • PRタッピングする

    まずPRを15回タッピングまたは圧通領域(基本は左側のみ、両側でも可)を15回ほどさすります。

  • タッピングする

    眉頭➡︎目の下➡︎わきの下➡︎鎖骨下の順に2本指で5回ずつタッピングします。 9g(ナイン・ジー):  ガミュート(手の甲の治療ポイント)をずっとタッピングしながら、各5回くらいタップする間に  1.目を開けます  2.目を閉じます  3.目を開けて、顔はまっすぐのまま、視線を右下に  4.視線を左下に  5.目を回転させて  6.目を反対回りに回転させます  7.ハミング(例えば、咲いた咲いた♪のメロディーを鼻歌)  8.1から5まで数えます  9.再びハミング(例えば、咲いた咲いた♪のメロディーを鼻歌)  ※目の不自由な方は、目を開けたり、視線を下に向けていると想像しながらでも行えます。 眉頭➡︎目の下➡︎わきの下➡︎鎖骨下の順に2本指で5回ずつタップします。

  • アイロールをする

    アイ・ロール  効果を落ち着かせるため、ガミュート(手の甲の治療ポイント)をタップしながら、顔はまっすぐ前のまま、10秒くらいかけて視線だけを床から天井まで動かします。

コメント

特徴2

つぼと脳

 ツボの刺激がPTSDやうつに関連する「扁桃体」の活動を鎮めたり、脳波を正常化させ、セロトニンを増やすことなど生理学的な効果も解明されてきています。

心拍変動の改善

TFTは、健康やレジリエンスの重要な指標である心拍変動(HRV)を改善する研究があり、自律神経にポジティブなインパクトを与えるだけでなく、一般的な健康の改善にも ...

トキシン

人のエネルギーシステムに悪影響を与える「トキシン」(食べ物や香りなど)の特定や施療、薬物の副作用を軽減する方法もあり、食や物質からのアプローチもあり。

エネルギー心理学

新しい心理学の分野として研究が増えている「エネルギー心理学」の元祖。思考も感情もエネルギーであり、経絡も体の重要な機能を担うエネルギー帯です。

臨床家のツール

セルフケアの力を引き出す

クライエントのセルフケア力で改善を速く、施療の効果をアップさせる

集団でも行える

1対1だけでなく、集団でも行えるので、災害時や集団療法など一度に多くの人の支援ができる

組み合わせは自由

医学的治療や心理療法、整体、教育のどのアプローチの中でも併用でき、組み合わせは自由

専門家養成